裁断機の桜機械工業「漉割機」

サイトマップへ

漉割機(ロールタイプ水平裁断機)

漉割機とは

低倍発泡品から硬質材のスライス加工(漉加工)に最適です。
比較的薄い材料シートを任意寸法にて裁断スライスを行います。

裁断種類には大半して以下の二種類があります。
・半裁=シート材を半分(二分割)にスライス加工を行う。
・上スキ=シート材の片側面より任意寸法にてスライス加工を行う。


これらは上下送りロールにて材料シートを送り込み、その直後に設置された回転刃物によってスライス加工を行います。


漉割機

漉割機 SSR2-500
有効裁断幅 500mm
材料厚(最大)100mm
仕様詳細
漉割機 SSRH2-1500
有効裁断幅 1500mm
材料厚(最大)200mm
仕様詳細
漉割機 SSRH2-1500RR
有効裁断幅 1500mm
材料厚(最大)200mm
仕様詳細
漉割機 SSRH-A-1500
有効裁断幅 1500mm
材料厚(最大)200mm
仕様詳細